教員紹介|非常勤講師

秋山 知文


あきやま ともふみ

弁護士・慶應義塾大学法科大学院講師
学歴 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
著書等 『インターネット法律叢書』1・2・3(共著) 毎日コミュニケーションズ 1997年4月・1997年9月・1998年11月、『そのまま使える契約例文集 ソフトウェア業』 同文書院 1999年11月、『デジタル法律講座 インターネット事件と犯罪をめぐる法律』(共著) オーム社 2000年9月
担当科目 民法Ⅶ

安部 圭介


あべ けいすけ

成蹊大学法学部教授・米国ニューヨーク州弁護士
学歴 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了 博士(法学)(東京大学)
著書等 『アメリカの憲法問題と司法審査』 成文堂 2016年12月、「”Equitable Estoppel” in American and Japanese Family Law: The Dynamics of Imposed Parenthood and Its Bioethical Implications」成蹊法学82号265-276頁 2015年6月、「『領域主権』とフィデュシャリーの時代:信託のイメージと可能性を考える」法の理論32号175-188頁 2013年
担当科目 英米法

飯田 圭


いいだ けい

弁護士・弁理士
学歴 東京大学法学部 フランクリン・ピアース・ローセンター知的財産法学修士
著書等 「並行輸入の抗弁」ジュリスト増刊実務に効く知的財産判例精選(有斐閣、2014年)、「同一性保持権-侵害の救済内容を中心に」ジュリスト09号(有斐閣、2014年)、「企業のブランド戦略と税関の水際取締制度の活用」ジュリスト1504号48-53頁 2017年4月
担当科目 知的財産法

池田 和郎


いけだ かずお

弁護士
学歴 東京大学法学部卒業
実務経験等 2009年4月~2012年3月 最高裁判所司法研修所教官
2013年6月~2015年11月 司法試験考査委員
担当科目 刑法総合演習Ⅱ

石川 雅巳


いしかわ まさみ

弁護士
学歴 東洋大学法学部
実務経験等 2010~ 東京弁護士会 法律相談センター運営委員会委員
担当科目 刑事模擬裁判

井上 琢也


いのうえ たくや

國學院大学法科大学院・客員教授
学歴 京都大学大学院法学研究科博士後期課程 法学修士(京都大学)
著書等 論文「近代ユダヤ「神話学」の系譜と宗教、歴史、領土」(『広島法学』37巻1号 2013年)、学会報告「法図像がある場の諸相-ドイツ法図像研究の過去・現在・未来」(法制史学会 2008年)
担当科目 法史学

井上 真


いのうえ まこと

弁護士
学歴 筑波大学法科大学院修了
著書等 外国人学生(留学生)の人権と安全保障上の問題との間で考える大学の職責」スクール・コンプライアンス研究2号(2014年2月)60-70頁
担当科目 リーガルクリニック 刑事模擬裁判

殷 勇基


いん ゆうき

弁護士
学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
著書等 『グローバル社会と人権問題』(共著) 明石書店 2014年9月、「外国の確定判決の日本における執行」・「離婚意思確認の手続き」『Q&A 新・韓国家族法(第2版)』(共著) 日本加除出版 2015年4月、『Q&Aヘイトスピーチ解消法』(共著) 現代人文社 2016年10月
担当科目 基礎ゼミⅡ ・ 国際私法演習

榎本 洋一


えのもと よういち

学歴
著書等
担当科目 自治体法務

應本 昌樹


おうもと まさき

弁護士
学歴 明治大学大学院法務研究科法務専攻専門職学位課程修了
筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻博士後期課程修了 博士(法学)(筑波大学)
著書等 「ドイツにおける権利保護保険(特集2 権利保護保険の課題と今後の展望)」自由と正義64巻7号14-19頁 平成25年7月、「権利保護保険における弁護士選択の自由に関する一考察:バンベルク高等裁判所2012年6月20日判決を題材として」損害保険研究75巻2号105-126頁 平成25年8月、『権利保護保険:法的ファイナンスの規範論序説』 成文堂 平成28年10月
担当科目 リーガルクリニック

大胡 誠


おおご まこと

弁護士
学歴 一橋大学法学部  Harvard Law School (LL.M.)
実務経歴等 平成14年~22年 エヌ・アイ・エフ ベンチャーズ株式会社(現・大和企業投資株式会社)社外監査役
平成23年~現在  丸善CHIホールディングス株式会社 社外監査役
平成24年~25年  駿河台大学法科大学院 非常勤講師(企業法務担当)
平成25年~現在  株式会社ジーテクト 社外取締役
担当科目 企業法務

大澤 慎太郎


おおさわ しんたろう

千葉大学大学院社会科学研究院准教授
学歴 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程民事法学専攻 博士(法学)(早稲田大学)
著書等 小賀野晶一=松嶋隆弘編著『民法(債権法)改正の概要と要件事実』(担当部分:315-335頁) 三協法規出版 2017年8月、「フランス法における保証債務の履行と保証人の保護」早稲田法学91巻3号231-270頁 2016年6月、「物的担保法制における過剰」『動産債権担保―比較法のマトリクス』215-236頁 商事法務 2015年8月
担当科目 民法Ⅱ〔担保物権〕

大塚 正之


おおつか まさゆき

学歴
書著等
担当科目 民法Ⅵ〔家族法〕

大野 浩之


おおの ひろゆき

弁護士
学歴 京都大学大学院理学研究科化学専攻修了
筑波大学大学院ビジネス科学研究科法曹専攻修了
著書等 「均等論(第5要件)について」知財ぷりずむ vol.13 No151(経済産業調査会) 2015年4月、(講演)知財紛争で知っておきたい基礎知識 =相手方より一歩リードしたい方へ=」日本知的財産協会主催 2016年3月3日
担当科目 法曹実務基礎

岡上 雅美


おかうえ まさみ

青山学院大学法務研究科教授
学歴 早稲田大学大学院法学研究科博士課程
著書等 「量刑研究の進展:理論と実務の新たな関係」犯罪と刑罰24号105-122頁 2015年3月、「脳科学の進展と応報主義の行方(応報の行方)」法哲学年報2015 2015年、「治療行為と患者の承諾について、再論-救急治療を題材にした一試論-」曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集上巻 成文堂 2014年3月
担当科目 刑法Ⅲ

岡田 順太


おかだ じゅんた

白鴎大学法学部・大学院法務研究科・准教授
学歴 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学 修士(法学)
著書等 要点演習〈4〉行政法(2013)
担当科目 憲法Ⅱ〔統治〕

川又 伸彦


かわまた のぶひこ

埼玉大学経済学部・教授
学歴 中央大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学 法学修士
著書等 憲法判例インデックス 商事法務:人身の自由
240-267川又伸彦、工藤達朗他12名(2014)
担当科目 憲法総合演習

栗林 康幸


くりばやし やすゆき

弁護士・米国ニューヨーク州弁護士
学歴 大阪大学法学部 米国ペンシルバニア大学ロースクールLLM
著書等 「保険業法の改正と保険会社に求められる対応」(講演、2009年)、「CMBS:ローンレベルにおける分析ポイント ローンレベル・ガイドラインに基づいて」(講演、2007年)、「新・会社法の全貌と実務への影響 – 社債・新株予約権 より実務に即した法整備へ」(ビジネス法務2004年2月号)
担当科目 金融法〔金融監督法・金融取引法〕

桑原 勇進


くわばら ゆうしん

学歴
著書等
担当科目 環境法

児玉 博昭


こだま ひろあき

白鴎大学法学部・大学院法学研究科教授
学歴 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
著書等 「人口減少社会におけるとちぎの課題」白鴎大学法政策研究所年報8号85-92頁 2015年3月、「分権型社会に向けたとちぎの戦略」白鴎大学法政策研究所年7号23-34頁 2014年3月、「震災・原発事故と自治体の対応」『大震災と日本の法政策』73-103頁 丸善プラネット 2013年1月
担当科目 公共政策

小梁 吉章


こはり よしあき

広島大学名誉教授
学歴 筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程企業法学専攻修了 博士(法学)(筑波大学)
著書等 「会社の従属法の制約要因」国際私法年報17号 2016年3月、「法例の編纂-ベルギー改正草案の影響とその排除-」広島法科大学院論集12号 2016年3月、Mondialisation et investissements: l’etat de lieu du Japon, Association Henri Capitant, Edition Bruyant, Bruxelles et Paris 2017年10月
担当科目 国際私法

斉藤 輝夫


さいとう てるお

明治大学大学院・特任教授
学歴 ペンシルバニア大学ロースクール修士課程修了
著書等 「婚外子違憲判決の金融機関への影響」(単著、『自由と正義』)、『家事事件と銀行実務』(監修・共著 2013年)
担当科目 金融法〔金融監督法・金融取引法〕

笹川 豪介


ささかわ ごうすけ

弁護士
京都大学非常勤講師
学歴 慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業
筑波大学大学院ビジネス科学研究科法曹専攻修了
著書等 『Q&A民事信託の活用と金融機関の対応』 経済法令研究会 2018年7月、『企業法務のための訴訟マネジメント』(編著) 中央経済社 2016年1月、『信託法実務判例研究』(共著) 有斐閣 2015年3月
担当科目 基礎ゼミⅢ

笹山 桂一


ささやま けいいち

弁護士(筑波アカデミア法律事務所所属)
学歴 慶応義塾大学医学部医学科卒業
筑波大学大学院ビジネス科学研究科法曹専攻修了
実務経験等 医師免許取得
2000年4月~ 日本形成外科学会会員
2006年10月~ 日本抗加齢医学会会員
担当科目 リーガルクリニック

佐藤 丈文


さとう たけふみ

学歴
著書等
担当科目 商法Ⅲ

鈴木 淳一


すずき じゅんいち

獨協大学法学部・准教授
学歴 筑波大学博士課程社会科学研究科法学専攻中退 修士(法学)
著書等 世界保健機関(WHO)・国際保健規則(IHR2005)の国内実施 : 日本国を例として(2013)
担当科目 国際公法

髙橋 理恵


たかはし りえ

東京地方検察庁検事
学歴 中央大学大学院法学研究科博士前期課程修了 法学修士(中央大学)
実務経験等 教員派遣検察官
担当科目 法曹倫理Ⅱ ・ 刑事訴訟実務の基礎Ⅱ

谷口 琢哉


たにぐち たくや

弁護士
学歴 東京大学法学部卒業
筑波大学大学院ビジネス科学研究科法曹専攻修了
著書等 「平成26年 必携改正会社法の実務」自由国民社 2015年6月
担当科目 基礎ゼミⅢ

津幡 智恵子


つばた ちえこ

弁護士
学歴 筑波大学法科大学院修了
著書等
担当科目 刑事模擬裁判

徳本 穣


とくもと みのる

九州大学大学院法学研究院教授
学歴 九州大学大学院法学研究科博士後期課程民刑事法学専攻 博士(法学)(九州大学)    
イェール大学ロースクール LL.M.課程修了
著書等 「コーポレート・ファイナンスと会社法 Ⅰ新株発行」法学教室444号10頁 2017年9月、「キャッシュ・アウトにおける株式の取得価格(2)」『会社法判例百選第3版』182頁 有斐閣 2016年9月、『法律学小辞典(第5版)』(共著) 有斐閣 2016年3月
担当科目 金融商品取引法

徳力 徹也


とくりき てつや

帝京大学法学部法律学科教授
学歴 東北大学法学部卒業
著書等 「『共同して相互にその事業活動を拘束し』要件に係る人為性-最近の判決・行政処分から-」立教法学85巻(179-199頁) 平成23年5月、「市場閉鎖によるライバルの牽制力低下」帝京法学30巻1号(27-82頁) 平成28年3月
担当科目 経済法演習

永島 賢也


ながしま けんや

弁護士
学歴 早稲田大学法学部卒同大学大学院修士課程修了(民事訴訟法専攻)
著書等 ライブ争点整理(共著 2014)
担当科目 リーガルクリニック

中野 竹司


なかの たけし

弁護士
学歴 一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法学専攻修了 経営法学修士(一橋大学)
著書等 中野竹司・田中和明『信託実践講座 限定責任信託のすすめ』 信託フォーラム4号104-107 2015年9月 、「時事解説 なぜ「法令違反等事実」通知規定は活用されないのか:JFLA事例を契機に考える」 企業会計68巻5号695-701頁 2016年5月、日本弁護士連合会司法制度調査会社外取締役ガイドライン検討チーム編『「社外取締役ガイドライン」の解説〔第2版〕』 商事法務 2015年10月
担当科目 基礎ゼミⅠ

永野 仁美


ながの ひとみ

上智大学法学部教授
学歴 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程民刑事法専攻 博士(法学)(東京大学)
著書等 永野仁美・長谷川珠子・富永晃一(編)『詳説障害者雇用促進法-新たな平等社会の実現に向けて-』 弘文堂 2016年、「公的年金制度における税財源の役割と機能」社会保障法31号43-56頁 2016年、「働く障害者の『労働者性』の検討」『変貌する雇用・就労モデルと労働法の課題』 商事法務 2015年
担当科目 社会保障法

中村 信男


なかむら のぶお

早稲田大学商学学術院教授
学歴 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程民事法学専攻 法学修士(早稲田大学)
著書等 「組織再編の差止」『平成26年会社法改正の分析と展望』94頁-101頁 経済法令研究会 2015年3月、「非公開会社の取締役の任期短縮の定款変更による事実上の解任と退任取締役の救済」鳥山恭一・中村信男・高田晴仁編『(岸田雅雄先生古稀記念論文集)現代商事法の諸問題』825頁-847頁 成文堂 2016年7月、「合同会社制度と法制上の問題点」法律のひろば69巻8号55頁-64頁 2016年8月
担当科目 商法Ⅰ〔企業組織法〕・ 商法Ⅱ〔企業法総論・企業活動法〕

中山 代志子


なかやま よしこ

弁護士
早稲田大学法学学術院招聘研究員
学歴 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程専修コース修了 法学(修士)(東京大学)
著書等 「被爆者援護法に基づき、在外被爆者が一般疾病医療費の支給を受けられるとした判決:最高裁第三小法廷平成27年9月8日判決」賃金と社会保障1653号49-64頁 2016年3月、「条例に基づく規制権限を行使して是正命令を発出しないことが国家賠償法上違法とされ、市に対する損害賠償請求が認められた例」自治研究第92巻第7号141-153頁 2016年7月、「City of Los Angeles v. Patel, 135 S. Ct. 2443 (2015)—ホテルの宿泊記録を警察が無令状で検査できると定めた市条例が、第三者による事前の審査の機会を与えずに刑罰を科す点で合衆国憲法第4修正に反し文面違憲とされた判決」アメリカ法2016年1号166-174頁 2016年9月
担当科目 行政法総合演習

檜垣 直人


ひがき なおと

弁護士・成蹊大学法科大学院講師
学歴 早稲田大学法学部
著書等 「担保の法律相談」(共著)青林書院(2006年)、「成功する事業承継のしくみと実務」(共著)自由国民社(2008年)、「下請契約トラブル解決法」(共著)自由国民社(2010年)、「離婚給付算定事例集」(共著)新日本法規(2010年)、「公益法人改革による新公益法人への移行」(単著)東京しごと財団(2010年)
担当科目 刑事模擬裁判

平澤 慎一


ひらさわ しんいち

弁護士
学歴 早稲田大学法学部
著書等 消費者法講義(共著 2013)
担当科目 消費者法

櫟原 利明


ひらはら としあき

元参議院常任委員会調査室・法務委員会調査室長
学歴 東京大学法学部卒業
著書等 「公益法人制度改革の一様相」参議院事務局企画調整室「立法と調査」第377号 平成28年6月、「いよいよ始まる裁判員裁判」参議院事務局企画調整室「立法と調査」第288号 平成21年1月、「司法制度改革の成果と今後の課題」参議院事務局企画調整室「立法と調査」第275号 平成20年1月
担当科目 立法学

藤井 康子


ふじい やすこ

大宮法科大学院大学図書館課長
学歴 慶應義塾大学文学部 図書館・情報学科 卒業
文学士(図書館・情報学)
著書等 指宿信・井田良・山野目章夫監修「リーガル・リサーチ」共著(第4版)(2012)
担当科目 法曹実務基礎

古澤 陽介


ふるさわ ようすけ

弁護士
学歴 東京大学法学部
著書等 川村英二=古澤陽介「2013年通常国会成立の金融関係法の概要」銀行法務21 №761(2013)
担当科目 倒産法 ・ 倒産法演習

本多 広和


ほんだ ひろかず

弁護士
学歴 東京大学法学部卒業
カリフォルニア大学デービス校ロースクール(LL.M.)修了 法学修士(LL.M.)(カリフォルニア大学デービス校)
著書等 『実務審決取消訴訟入門(第2版)』(共著)(第2章5、第3章1・7担当) 民事法研究会 2014年4月、The Intellectual Property High Court Grand Panel Cases on the Enforcement of Patents Subject to a FRAND Declaration, AIPPI International Edition (Vol.40 No.5) 2015年5月、『新・注解特許法(第2版)』(分担執筆)(178条・179条担当) 青林書院 2017年9月
担当科目 知的財産法演習

松浪 恵


まつなみ めぐみ

弁護士
学歴 専修大学経済学部経済学科卒業
著書等 「海外旅行の派遣添乗員の残業代請求 東京地裁平20(労)230号」労働判例NO.970 平成21年2月、「派遣先阪急交通社に団交応諾義務を認めさせた中央労働委員会命令について」季刊労働者の権利VOL.298 平成24年4月、『労働相談実践マニュアルVER7』(共著) 日本労働弁護団 平成28年6月
担当科目 労働法演習

森 健


もり たけし

学歴
著書等
担当科目 特別講義

森 稔樹


もり としき

学歴
著書等
担当科目 地方自治

森村 進


もりむら すすむ

学歴
著書等
担当科目 法哲学

山内 久光


やまうち ひさみつ

学歴
著書等
担当科目 刑法Ⅲ

吉岡 透


よしおか とおる

東京地方裁判所判事
学歴 東京大学法学部卒業
実務経験等 教員派遣裁判官
担当科目 法曹倫理Ⅱ

Lenz Karl-Friedrich


レンツ カール フリードリッヒ

青山学院大学・教授
学歴 ドイツ・ミュンヘン大学 法学博士
著書等 Japanese Bitcoin Regulation, 2014年9月(単著)、「「孤児著作物」に関するドイツの最近立法」青山法務論集8号(2014年3月)
担当科目 EU法

コメントは停止中です。