教員紹介|兼担教員

【教員名一覧】

大野 雅人


OHNO Masato

本学ビジネスサイエンス系 教授
最終学歴 米国ハーバード大学LL.M
専門分野 租税法
主な業績 『国際課税の理論と実務』(共著)大蔵財務協会(2011年),「海外論文紹介:欧州裁判所SGI判決後の移転価格とEU法」租税研究2011年8月号,『移転価格税制執行の理論と実務』(共著)大蔵財務協会(2010年),「戸籍行政をめぐる現下の諸問題について」戸籍782号(2006年),“Japan’s New Directive on Mutual Agreement Procedures”, Bulletin for International Fiscal Documentation, March 2002 (International Bureau for Fiscal Documentation, Netherlands),「相互協議事務運営指針の制定について」租税研究626号(2001年),「移転価格調査における第三者間取引情報の使用について」租税研究595号(1999年)「国際課税の現状と課題」租税研究588号,1998年
担当科目 租税法

研究者総覧へ

弥永 真生


YANAGA Masao

本学ビジネスサイエンス系 教授
最終学歴 東京大学法学部 法学士
専門分野 商法、企業会計法
主な業績 「リーガルマインド会社法 第11版」有斐閣(2007年)、「リーガルマインド手形法・小切手法 第2版補訂2版」有斐閣(2007年)
担当科目 商法Ⅲ

研究者総覧へ

山田 務


YAMADA Tsutomu

本学ビジネスサイエンス系 教授
最終学歴 一橋大学経済学部 経済学学士
専門分野 経済法
主な業績 「消費者取引と競争政策」公正取引581号(1999年)
職歴 H23.10- ビジネスサイエンス系教授
担当科目 経済法

研究者総覧へ

川田 琢之


KAWATA Takuyuki

本学ビジネスサイエンス系 准教授
最終学歴 東京大学法学部 学士(法学)
専門分野 労働法、公務員法
主な業績 「労働時間性―労働法学の立場から〔探究・労働法の現代的課題」ジュリスト1322号(2006年)、「実践 変化する雇用社会と法」有斐閣(2006年)(共著)
担当科目 労働法

研究者総覧へ

コメントは停止中です。