履修モデル

各年次において、履修しなければならない必修科目は以下のとおりです。

1年次
ア 法律基本科目群

憲法Ⅰ‐A〔人権〕(2単位)、憲法Ⅰ‐B〔人権〕(2単位)、憲法Ⅱ〔統治〕(2単位)、民法Ⅰ〔総則・物権総論〕(2単位)、民法Ⅱ〔担保物権〕(2単位)、民法Ⅲ〔債権総論〕(2単位)、民法Ⅳ‐1〔契約法〕(2単位)、民法Ⅳ-2〔契約法〕(2単位)、民法Ⅴ〔不法行為・不当利得法〕(2単位)、民法Ⅵ〔家族法〕(2単位)、民事訴訟法Ⅰ(3単位)、刑法Ⅰ(2単位)、刑法Ⅱ(2単位)、刑事訴訟法Ⅰ(3単位)

イ 法律実務基礎科目群
法情報処理(1単位)

 

2年次

ア 法律基本科目群

憲法Ⅲ〔憲法訴訟〕(2単位)、行政法Ⅰ(2単位)、行政法Ⅱ(2単位)、民法Ⅶ(2単位)、商法Ⅰ〔企業組織法〕(2単位)、商法Ⅱ〔企業法総論・企業活動法〕(2単位)、商法Ⅲ(2単位)、民事訴訟法Ⅱ(2単位)、刑法Ⅲ(2単位)、刑事訴訟法Ⅱ(1単位)

イ 法律実務基礎科目群

法曹倫理Ⅰ(1単位)、法曹倫理Ⅱ(1単位)、民事訴訟実務の基礎Ⅰ(2単位)、刑事訴訟実務の基礎Ⅰ(2単位)、要件事実論Ⅰ(1単位)、要件事実論Ⅱ(1単位)

 

3年次

ア 法律基本科目群

行政法Ⅲ‐1(1単位)、行政法Ⅲ‐2(1単位)、憲法総合演習(1単位)、行政法総合演習(1単位)、民法総合演習(1単位)、商法総合演習(1単位)、民事訴訟法総合演習(1単位)、民事法総合演習(3単位)、刑法総合演習Ⅰ(1単位)、刑法総合演習Ⅱ(1単位)、刑事訴訟法演習(1単位)
 

 

目指す法曹像によって、履修が考えられる選択必修科目の受講モデルは、次のようになります。

市民生活に密着した弁護士

科 目
1年次 公共政策/立法学
2年次 EU法/刑事政策/租税法/労働法/金融商品取引法/消費者法/社会保障法
3年次 民事訴訟実務の基礎Ⅱ/リーガルクリニック/民事模擬裁判/刑事模擬裁判/ロイヤリングⅠ/民事執行・保全法/倒産法/金融法〔金融監督法・金融取引法〕

ビジネス・ローヤー

科 目
1年次 英米法/立法学/公共政策
2年次 EU法/国際取引法/経済法/金融商品取引法/英文法律文書作成/企業法務
3年次 民事訴訟実務の基礎Ⅱ/民事模擬裁判/刑事模擬裁判/ロイヤリングⅠ/ロイヤリングⅡ/知的財産法/金融法〔金融監督法・金融取引法〕/企業組織再編法

公務員キャリアアップ

科 目
1年次 公共政策/立法学
2年次 EU法/刑事政策/経済法/租税法/労働法/社会保障法
3年次 刑事訴訟実務の基礎Ⅱ/民事模擬裁判/刑事模擬裁判/ロイヤリングⅠ/ロイヤリングⅡ/環境法/金融法〔金融監督法・金融取引法〕/地方自治/労働法演習