再入学について(お知らせ)

再入学制度について(お知らせ)

(制度の概要)
再入学とは、以前、当法曹専攻に在学しながらも修了せず退学した者が、当専攻に再入学し、修了を目指すための制度です。

(制度の内容)
1.再入学を許可する年次は、退学時に在学していた年次を原則とします。ただし、特別な事由があるときは、当専攻で決定する相当年次とします。
2.再入学した者の修了年限は、退学したときに適用された標準修業年限とします。なお、未修者は3年、既修者は2年が標準修業年限です。
3.再入学が許可された場合、その者の進級・修了要件は、再入学を許可された年度の当該年次に入学したものとして、進級要件・修了要件を満たすことが必要です。(たとえば、退学時に修了要件が98単位だったとしても、再入学した年度の当該年次の修了要件が93単位であった場合、再入学した者の修了要件は93単位とします)。
4.既に履修した授業科目および取得した単位は、原則として、進級・修了要件として必要な授業科目および単位数として認定します。
5.再入学は退学した日から入学する日までの間が12ヶ月以上ある者が該当します。

(事前相談)
再入学を希望する者は、必ず事前相談を受けてください。事前相談には以下を持参してください。
●相談日:平成29年1月13日(金)の夜間及び1月14日(土)の日中
希望する相談日時を、平成29年1月11日(水)までに社会人大学院等支援室法科大学院担当へご連絡ください。

メールアドレス:law-school@un.tsukuba.ac.jp

なお、年末年始(12月29日~1月3日まで)は支援室が休みのためメールの返信は1月4日以降となります。

(1)在学中の成績証明書と休学期間説明書(事前に社会人大学院等支援室法科大学院担当に連絡し、受領ください)
(2)履修計画書(様式はここから)

再入学履修計画書【記入例】

(選考)
書類審査と面接試験を行います。適宜選考を実施しますが、再入学の時期は学期の始めとなります。
試験日:平成29年1月29日(日)

(検定料および入学金)
再入学を志願する者は、筑波大学所定の検定料を、入学時には所定の入学金が必要となります。

※事前相談後、出願する場合は以下の要項により出願願います。

H29再入学者選考要項

再入学者選考要項(再入学希望理由書・履修計画書)

H29再入学願書等(様式)

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, 入試情報 パーマリンク

コメントは停止中です。